目標達成するための潜在意識のポイント

私が目標を達成するためにやっていることは結構沢山あります。

まず、私は夜眠る前の時間を大切にしております。それは眠りに入る時、まどろんだ状態の時に目標が達成して、喜んでいる自分を頭に思い浮かべて眠りに就くことにしています。

それもぼんやりとではなく頭の中では鮮明にえがく努力をしています。よくいう映像化です。

これをやりますと、訓練ですが自然とイメージした自分に近づいていくような気がしています。

それと、朝起きてからも同じようにイメージを描いています。本でよんだのですが、15分間と言う時間が一番大切な時間、つまりアルファー波の強い時間だそうです。

潜在意識にしっかりと刻印できる時間です。この時間は大切にしています。

もう一つやっていることは、プラスの言葉を声に出して、何度も何度も反復することです。これはかなり効果があると思います。

思うだけではなく自分自身に言い聞かせますと、聞いた自分が自然と目標に向かうようになります。

例えば、「私は必ず目標を達成する」とか「達成した」という過去形でもいいですね。

それから成果があったことは、目標か夢を紙に書いて貼る事が大切です。

一つは、目標を立てたら、自分の心の中だけで思っていてはいずれその目標さえ忘れてしまいかねないので、
家の中でよく目にするところに目標を貼っておきます。そうやって毎日自分の目標を見ることによって、
今日も目標達成のためにがんばるぞという気持ちになり、行いが伴ってきて達成することができるようになります。

もう一つの方法は、みんなに自分の目標を言うことです。他の人に自分の目標を伝えることで、
自分にいい意味での影響を潜在意識にを与えることができます。

以前は無言実行と言う言葉がありましたが、今は有言実行の時代です。

人に言うことによって、他の人からも自分の目標達成のために助けを得られることもたくさんあります。
自分ひとりでは到底達成できない目標でも他の人と分かち合うことにより、助けてもらったり、
自分のモチベーションを高めたりプレッシャーを与えたりして、達成できるようになるのです。

部屋のドアやベッドの横の壁など、よく目に付く場所に貼り、更に目標達成した姿をイメージして、何度も瞼に焼き付けます。
繰り返す事で、潜在意識に浸透していきます。

神様に頼みごとをするように、○○になれますように、だと、それは、○○にはなれないイメージを、すでに 
持っていると言うことなので、叶う力が弱いので、

○○になりました、○○を得ました、と既にもう願いを得たかのように書くのが良いですね。

大きな夢や願い事は、時間がかかるかも知れませんが
紙に書いて貼る、または、毎日ノートに書く、これが潜在意識にしっかり刻み付けられていくのです。

Be First to Comment

コメントを残す